青島市の公式サイトへようこそ!
検索
総投資額が130億元の鵬輝エネルギープロジェクト、青島市城陽区への立地が決定
青島政務網 | 2023-05-25

  このほど、城陽区は蓄電池分野のトップ企業である鵬輝エネルギーとの間に企業立地に関する協定を締結。これにより、総投資総額約130億元で、年間製造能力36ギガワット時(GWh)の蓄電池プロジェクト(以下、プロジェクト)が、城陽区エネルギー貯蔵産業団地への立地が決定。

  関係筋によると、プロジェクトは3期に分けて建設され、1期は、年間製造能力12ギガワット時の蓄電池プロジェクトで、今年9月末前に着工し、2024年12月末までに稼動する予定。このプロジェクトは青島市エネルギー貯蔵産業における初の100億元規模のプロジェクトで、川上・川下産業チェーンの補強を効果的に促進し、応用シーンを豊富化し、産業集積の発展に寄与すると見られる。

  鵬輝エネルギーは、消費者用電子機器分野、新エネ自動車の駆動用電池システム分野やエネルギー貯蔵分野に使われる蓄電池の研究開発、製造、販売を取り扱うハイテク上場企業で、2022年の年商は90.7億元で、同年度世界蓄電池市場出荷量ランキングの上位5位と、世界家庭用蓄電池出荷量ランキングの上位2位を果たした。

  城陽区は、青島市のエネルギー貯蔵産業への布石に深く溶け込み、空白をねらって、エネルギー貯蔵産業の発展チャンスを先取ろうと取組を行なってきている。エネルギー貯蔵産業のトップ企業の導入は、CO2排出ピークアウト及びカーボンニュートラルの国家戦略を貫徹し、エネルギー貯蔵産業で新たな突破、新たな飛躍的発展を実現させるの措置で、これがきっかけで、青島エネルギー貯蔵産業の発展における「城陽エンジン」がかかった。今後、城陽区は、高基準でエネルギー貯蔵産業団地の計画、建設を推進し、バッテリーシステムの製造に焦点を当て、トップ企業の立地をきかっけに、エネルギー貯蔵コンバータ、エネルギー管理システム、温度制御システム、バッテリーシステムなどエネルギー貯蔵システムの立地を促進し、エネルギー貯蔵の川上・川中産業を発展させ、比較的完全なエネルギー貯蔵産業チェーンを構築し、産業クラスターを構築するよう努力していく。

お勧め
青島の9つのカテゴリーのプロジェクトはグリーン金融の支援を得られる
6月19日午後、青島市政府新聞弁公室が定例政策説明会を開催し、「グリーン金融は都市と農村のグリーン低炭素建設の発展を支持する」に関する状況を紹介した。...
青島が多くの人気ランキングに入り、強い「観光の魅力」を示す
高校・大学受験が終わり、卒業旅行シーズンが始まると、夏の旅行シーズンのピークが目前に迫ってくる。各オンライン旅行プラットフォームが発表した予約デー...
曾賛栄は柳昌秀駐青島韓国総領事と会見
6月17日午後、曾賛栄市党委書記は柳昌秀(ユ・チャンス)駐青島韓国総領事一行と会見した。張恵市党委副書記が会見に参加した。   曾賛栄は柳昌秀総領事に...
青島フレンチグルメ音楽祭開催
6月16日、青島フレンチグルメ音楽祭は、小麦島で開催された。2024中国・フランス文化観光年の一環として開催されるフランス特色音楽祭は、このイベントの重要...